スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--)
スポンサー広告

ミミズバーガーの正体?メガスコリデス

■ミミズバーガーの正体?メガスコリデス■
■Giant Gippsland earthworm (Megascolides australis)■



かつて噂になったミミズバーガー

大手ハンバーガーチェーン店のハンバーグにはミミズの肉が使用されているため、安価なのだという噂が立ちました。

知り合いの先輩が、友人は肉の加工工場でバイトをしていて、直径10センチもある食用ミミズがうようよしているのを目撃しているから確実な情報だ、と言われた記憶があります。

笑って聞いていると、マジだ、マジだ、オレはもう○○のハンバーガーは絶対に食わない、と真剣に言っていました。

残念?なことに、ミミズは直径10センチなどという太さになることは出来ず、成長しても直径はほぼそのままで長くなって行くのみです。

そのため、例えいくら美味しく、需要があったとしてもハンバーガー用に加工する食用ミミズの養殖は割に合うものではありません。



そんな中、あえてミミズバーガーを食べたいというのであれば、候補に挙がるのが世界最大種のひとつ、メガスコリデス・オーストラリス (Megascolides australis) の肉といえるでしょう。

ミミズバーガーのミミズはオーストラリア産、などという噂が上がったのもメガスコリデスの存在からではないでしょうか。

ギネス記録に掲載されているのは南アフリカの道ばたで発見されたミクロカエトゥス・ラピ (Microchaetus rappi) という種類のミミズですが、平均的な大きさではメガスコリデスのほうが大きいと言われています。



メガスコリデスは成長すると3メートルほどになる巨大なミミズで、生まれたときからすでに20センチもあり、日本に生息するそこら辺のミミズより全然巨大です。

希少種で分からないことも多いのですが、ミミズとしてはずいぶんと深いところに生息しているといわれています。これは成長に時間のかかるメガスコリデスが、モグラなどの天敵から長い期間身を守るためかもしれません。

UMAファン ~ 未確認動物 巨大ミミズ

<この記事のURL> 
http://occultfan.blog39.fc2.com/blog-entry-29.html

トップページ
2009/07/27(月)
UMA トラバ(1) コメント(3)

初めまして。 
こちらの記事は詳しくて、語り口も面白く、ついつい過去の記事も読み返して長居してしまいます。 
いつも更新を楽しみにしています。お身体に気を付けて健康を崩されませんように。
 
実はミミズは表面が微細な毛で覆われていまして。 
普段は粘液で覆われているのであまりこれを実感する事はありませんが、水で洗い流して尾の方から逆立てるように撫でるとよくわかります。 
口に含むとこの毛が舌の触感を悪くするようであまり生食には適さないそうです。 
食用に加工するには粘液を完全に洗い流した上で身を開いて内容物を取り出さねばなりませんから非常に手間がかかり安価で仕上げる事はまず無理だそうです。 
以上、ゲテモノ食いの友人の話でした。
by: にゃー * 2009/07/27 20:26 * URL [ 編集] | UP↑
>にゃーさん
こんにちはー、にゃーさん

まだ、正式にスタートしていないので、記事も少なくまだまだなんですが、遊びに来て頂いてどうもありがとうございます。そのうち時間が出来たら記事を一気に増やします。

そうですね、貧毛類とはいえ顕微鏡写真なんかだとトゲのような毛が全身を覆っていて、おそらく処理もしないでミンチにしたらザラザラした触感になりそうですよね。まぁ毛が無くても特別食べたくなる生物ではありませんけどね(笑)
by: ナム * 2009/07/27 20:56 * URL [ 編集] | UP↑
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
by: * 2012/01/26 16:59 * [ 編集] | UP↑















管理者にだけ表示を許可する


| ホーム |
Page Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。