スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--)
スポンサー広告

ミミズバーガーの正体?メガスコリデス

■ミミズバーガーの正体?メガスコリデス■
■Giant Gippsland earthworm (Megascolides australis)■



かつて噂になったミミズバーガー

大手ハンバーガーチェーン店のハンバーグにはミミズの肉が使用されているため、安価なのだという噂が立ちました。

知り合いの先輩が、友人は肉の加工工場でバイトをしていて、直径10センチもある食用ミミズがうようよしているのを目撃しているから確実な情報だ、と言われた記憶があります。

笑って聞いていると、マジだ、マジだ、オレはもう○○のハンバーガーは絶対に食わない、と真剣に言っていました。

残念?なことに、ミミズは直径10センチなどという太さになることは出来ず、成長しても直径はほぼそのままで長くなって行くのみです。

そのため、例えいくら美味しく、需要があったとしてもハンバーガー用に加工する食用ミミズの養殖は割に合うものではありません。



そんな中、あえてミミズバーガーを食べたいというのであれば、候補に挙がるのが世界最大種のひとつ、メガスコリデス・オーストラリス (Megascolides australis) の肉といえるでしょう。

ミミズバーガーのミミズはオーストラリア産、などという噂が上がったのもメガスコリデスの存在からではないでしょうか。

ギネス記録に掲載されているのは南アフリカの道ばたで発見されたミクロカエトゥス・ラピ (Microchaetus rappi) という種類のミミズですが、平均的な大きさではメガスコリデスのほうが大きいと言われています。



メガスコリデスは成長すると3メートルほどになる巨大なミミズで、生まれたときからすでに20センチもあり、日本に生息するそこら辺のミミズより全然巨大です。

希少種で分からないことも多いのですが、ミミズとしてはずいぶんと深いところに生息しているといわれています。これは成長に時間のかかるメガスコリデスが、モグラなどの天敵から長い期間身を守るためかもしれません。

UMAファン ~ 未確認動物 巨大ミミズ

<この記事のURL> 
http://occultfan.blog39.fc2.com/blog-entry-29.html

トップページ
スポンサーサイト
2009/07/27(月)
UMA トラバ(1) コメント(3)

前足二本のトカゲ ~ アホロテトカゲ

■アホロテトカゲ■
Bipes Biporus (Mole lizard)■



前足が2本、後肢が退化して無くなっているミミズトカゲの仲間、アホロテトカゲです。

ミミズトカゲの大半は後肢どころか前肢、そして目も退化しており、おまけにミミズなどの環形動物 (かんけいどうぶつ) のように体節のようなものも体全体にあるため、その見た目も大きさもミミズそのものといった感じです。

しかし、これは決してミミズではなく、背骨のある脊椎動物で爬虫類です。


(アホロテトカゲの動画)

ミミズトカゲの中では特異なルックスを持つアホロテトカゲ、モグラのような前肢、そしてつぶらな瞳は、まるでモグラのようで、ミミズトカゲの中でもモグラトカゲ (mole lizard) と区別されて呼ばれる場合があります。

知らない人がこの生物を見つけたら、UMA (未確認生物) と認識すること間違いなしの不思議な不思議な生物です。詳しくは管理人の別サイトでどうぞ。

<この記事のURL> 
http://occultfan.blog39.fc2.com/blog-entry-28.html

トップページ
2009/07/20(月)
UMA トラバ(0) コメント(2)

サンヨウベニボタル

■サンヨウベニボタル■
■Trilobite beetle■



結構有名なサンヨウベニボタルの動画

ショッキングピンクに身を包むこの奇妙な生物はサンヨウベニボタルのメスの成虫です。英名は"Trilobite beetle" 、「三葉虫の甲虫」という意味ですが、日本語にすると「サンヨウチュウコウチュウ」と語呂が悪いので「サンヨウベニボタル」と命名されたようです。

一見するとあり得ないような姿をしていますが、これは体が大きいからで、ホタルの幼虫を見たことがある方なら、この姿はまさにホタルの幼虫そのものであることが分かると思います。



完全変態するはずのホタルですが、サンヨウベニボタルのメスは幼体がそのまま巨大化した姿をしており、いわゆるネオテニー (幼形成熟) と呼ばれるもので、アホロートル (日本での商品名はウーパールーパー) などと同じです。

黒、もしくは黒に黄色い縁取りをしたものはよく見ますが、これほど鮮やかな色をしたサンヨウベニボタルのメスはその姿もさることながらとても神秘的です。

<この記事のURL> 
http://occultfan.blog39.fc2.com/blog-entry-22.html

トップページ
2009/06/28(日)
UMA トラバ(0) コメント(0)

アフリカマイマイ & メノウアフリカマイマイ

■アフリカマイマイ■
■African Land Snail (Achatina achatina)■



UMAじゃないですが、UMA級のカタツムリを。

アフリカマイマイという和名は一般的に "Achatina fulica " を指していますが、"Achatina achatina" も正式にはメノウアフリカマイマイですが、区別無くアフリカマイマイと呼ばれています。

非常に大きく成長する陸棲巻貝で、カタツムリ自体好きじゃない人にとっては、驚愕の生物となります。森で遭ったら腰を抜かすレベルといえます。メノウアフリカマイマイのほうがアフリカマイマイよりも大きく育つということで、世界最大のカタツムリの称号は厳密にはメノウアフリカマイマイということになります。

さて、名前の通りアフリカ原産のこのカタツムリ、食用として世界各地に人為的に運ばれたことが裏目となり、世界中で繁殖を始めています。

植物を食い荒らすといった目に見える害はもとより、巻貝といえば寄生虫、特に住血吸虫の温床ですから大変危険な生物です。

住血吸虫のケルカリア幼生はカタツムリの体内で軍事工場さながら無性生殖で毎日毎日何万匹もの子供たちをカタツムリの粘液を通して放出します。

ですから、アフリカマイマイを食べたりせずとも、ただアフリカマイマイを触れただけ、もしくは通った後に残る粘液を触っただけで住血吸虫に感染してしまうことがあります。

雨に濡れた場所などで、アフリカマイマイの姿なしに粘液だけが残っていたとしても、その粘液に気付く人はまずおらず、知らず知らずのうちに感染してしまう可能性も考えられます。

この恐ろしいアフリカマイマイが日本でも繁殖しはじめているのが大変気がかりです。

<この記事のURL> 
http://occultfan.blog39.fc2.com/blog-entry-21.html

トップページ

2009/06/28(日)
UMA トラバ(0) コメント(0)

ミイラ化した小さな宇宙人の動画 (メテペック・モンスター)

■ミイラ化した小さな宇宙人の動画■
■Mummified little alien video (Metepec monster)■



詳細がまったく分からなかったのですが、ダメツナさんからメテペック・モンスターと教えて頂きました。

日本ではメテペック・モンスター、海外ではメテペック・クリチャー (Metepec creature) と呼ばれているこの生物、「ミイラ化した小さな宇宙人」であるとの主張もあります。

この生物はメキシコのメテペック (Metepec) 市で発見されたとのことで、この名で呼ばれます。

見た目も怪しげですが、発見された経緯も怪しく、ねずみ取りに入っていたとのことです。

地球上の既知動物がミイラ化したもの、と考えた場合、南米であること、正面を向いた大きな眼窩や体型からオマキザルの仲間のように感じます。

オマキザルの死骸に頭部を付け替えて手を加えてもの?それともやっぱり宇宙人?

<この記事のURL> 
http://occultfan.blog39.fc2.com/blog-entry-20.html

トップページ
2009/06/28(日)
UMA トラバ(0) コメント(6)

| ホーム | 次ページ
Page Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。