スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--)
スポンサー広告

バルバドスの動く棺桶

■バルバドスの動く棺桶■
■The moving coffins of Barbados■



カリブ海に浮かぶ小さな島、バルバドス、かつてこの島のサトウキビ栽培で一財産を築いた男がいます。

彼の名は、トマス (トーマス)・チェイス (Thomas Chase)、彼の成功は黒人奴隷の労働力なくしては築かれなかったといわれています。

彼の名を後世に残しているのはその業績ではありません。確かに、1代で富を築いた彼の手腕は目を見張るものだったかもしれませんが、所詮それはバルバドスという小さな島国の中だけの話です。

彼の名を後世に残しているのは、彼本人と彼の身内の棺桶が動いてしまう、という奇妙な現象のためです。

1807年、トマシーナ・ゴッダルド (Thomasina Goddard) 夫人の棺が安置されている地下納骨所の権利がトマス・チェイスの渡りました。

この地下納骨所に最初に安置されたチェイス家の人間は、わずか2歳でなくなったメアリ・アンナ・マリア・チェイス (Mary Anna Maria Chase)、1808年のことでした。

それから数年後の1812年7月、今度は彼女の姉に当たるドルカス・チェイス (Dorcas Chase) が後を追うように亡くなり、妹と同じ安置所に置かれました。

そしてそれからわずか1ヶ月後の8月、次にはいることになったのはトマス・チェイス本人でした。

トマス・チェイスの棺を地下安置所におろそうと、重い大理石造りの石蓋を開けると、最初に安置された子供たちの棺がひっくり返っていました。

この墓荒らしの仕業は黒人奴隷たちに違いないと噂されました。そう、トマス・チェイスの富は奴隷たちを酷使して得たものだったからです。

チェイスは奴隷たちに対し、日常的に無慈悲かつ残酷な振る舞いをしていたことは有名でした。

ドルカス・チェイスが亡くなったのも、トマス・チェイスによる虐待とか、父親の日頃の奴隷たちに対する無慈悲な行動を非難して絶食したことによる餓死だった、などと噂されるほどであり、トマス・チェイスはビジネスには優れていても決して聖人君主でなかったことは確かだったようです。

そしてその"イタズラ"は続きました。

トマス・チェイスが没して4年後、1816年10月、チェイス家の親戚、生後11ヶ月のサミュエル・ブリュースター (ブルースター)・エイムズ (Samuel Brewster Ames) が夭折、その1月後の11月にサミュエル・ブリュースター (Samuel Brewster) が黒人奴隷たちの反乱で命を落としました。

1819年7月にトマシーナ・クラーク夫人 (Thomasina Clarke) が亡くなりました。

その都度、地下納骨所に収められた棺桶はデタラメに移動していました。

当然、この小さな島で起きる怪奇現象が人々の間に広まらないはずがありません。カリブに浮かぶバルバドスは「チェイス家の動く棺桶」の話題で持ちきりになります。

地下へと続く通路は石蓋を開ける以外にありません。入念に地下室の壁を調査しても、どこにも「秘密の抜け穴」を見つけることは出来ませんでした。

トマス・チェイスの棺桶は8人がかりでやっと運べるほどの重いものであり、浸水などによって動いたとはとても考えられません。

地震説も唱えられましたが、こんな短期間にそれほど重い棺桶をその都度動かすほど頻繁に地震が起きるわけもありませんし、実際、そういった地震も報告されていません。

「誰か」がいたずらしたに違いありません。

この「いたずら」に歯止めをかけようと、納骨所の床には砂をまきました。誰かが入ったのであれば足跡が残るはずです。足跡の大きさから犯人を割り出せるかもしれません。

そして納骨所にはいるための石蓋にはモルタルで封をし、サインを残しました。地下納骨所につながる唯一の出入り口である石蓋、このモルタルを壊す以外出入りすることは不可能です。

トマシーナ・クラーク夫人が亡くなって数ヶ月後のこと、チェイス家に死者は出なかったものの、石蓋のモルタル、そして床にまき散らした砂の効果があったか確かめようとという提案が出ました。

チェイス家を決して心配してのことではないでしょう、島民たちの「チェイス家の動く棺桶」に対する好奇心が抑えきれなくなってなっていたのです。

石蓋のモルタルにはなんの異変も感じられませんでした。サインもそのまま残っています。

地下に降りていくと、床にまかれた砂には足跡ひとつ残っていませんでした。

しかし、整然と並んでいるべき6つの棺桶は今まで通り、すべてでたらめに移動されていました。

<この記事のURL> 
http://occultfan.blog39.fc2.com/blog-entry-30.html

トップページ
スポンサーサイト

月面を掘れば恐竜の化石が現れる

■月面には恐竜の骨が眠っている■
■Dinosaur fossils on the moon■



人類が月に降り立ったのは1969年のこと、現在では火星に無人探査機を送り込むことに成功し、人類が火星に降り立つのも時間の問題となってきました。

現在でも月にはUFO基地があると主張する人々がいますが、残念ながら月にも、そして火星にも宇宙人はおろか生物が棲んでいる痕跡を見つけるには至っていません。

さて、そんな月ではありますが、月を地中深くどんどん掘っていけば恐竜の骨 (化石) がわんさかと見つかると主張するのがロシアの古生物学者、ロズデスツェンスキー博士です。

月に恐竜が棲んでいたのか?そんなわけがありません。どういうことなのでしょう?

月の起源には諸説がありますが、その中でも現在有力視されているのがジャイアント・インパクト (Giant Impact) 説。


(ジャイアント・インパクトの動画)

天体が地球に衝突し、地球から飛散したその天体と地球の破片により月は形成されたとする説です。

ロズデスツェンスキー博士によれば、月が生成されたのは1億5000万年前、地質年代でいえば中生代のジュラ紀。

地球上で恐竜が跋扈 (ばっこ) していた時代であり、飛び散った地球からの破片に恐竜の骨も含まれているはず、月面を掘り進めていけば、その時代の恐竜の骨がおそろしくたくさん見つかるだろうと主張します。

「月に恐竜」まるでファンタジーのような取り合わせ、地球上で発見されていない生物たちも発見されるのでは、と夢は広がります。

しかしこの説、飛び散った地球上からの破片は粉々になっているのではないか?などという心配よりも、そもそも月の起源が今から僅か1億5000万年前ということに問題があり、彼の説はあくまでファンタジーの範疇を越えないようです。

<この記事のURL> 
http://occultfan.blog39.fc2.com/blog-entry-25.html

トップページ

人体発光現象

■人体発光現象■
■humanluminescence■

 
(人間によって作り上げられた発光ブタ)

~ 光る人間 ~

光る生物、というと、日本人であれば多くの人が、暗闇の中を幻想的に明滅する蛍を思い浮かべることでしょう。

また、多くの海洋生物、特に深海に生息する生物などが発光器を持っており、それほど珍しいことでもないような気がしてしまいます。

しかし、発光する生物は、実際のところ地球上に生息する生物の、ほんの一握りの種類だけが保持しているとても特異な性質です。

クラゲやイカ、そして昆虫などの無脊椎動物に生物発光するものが多く、脊椎動物では少なくとも現在のところ魚類のみにしか確認されていません。

他の脊椎動物、両生類、爬虫類、鳥類、そして哺乳類には生物発光する生物が発見されておらず、今までの進化の途上でもそういった生物発光する魚類以外の脊椎動物が存在したのかどうかも分かりません。

と、常識ではそうなるはずですが、人類の歴史の中では「光る人間」が存在した、という記録がいくつも残っていますし、それどころか現在でも自分が光ったと主張する輩が後を絶ちません。

~ 生物発光 ~

蛍とか深海魚などが光るのはルシフェリンという特殊な発光物質を使っているためですが、もし人体発光の話が本当だとしたら人間はどうやって光っているのでしょう?

胡散臭いもの含め、数ある人体発光の事例でもっとも印象的なもののひとつに、アメリカ人女性の人体発光例があります。

寝ようと思いベッドに入ろうとすると、左足の薬指が青白く光っているのに気づきました。

奇妙に思い光っている部位をこすってみると、さらに光の強さは増し、光っている部位も足首の方まで広がったといいます。

それどころか、この謎の発光の影響でしょうか、部屋中に煙までが立ちこめたというのです。

足を石鹸で洗っても光は消えなかったものの、光に気づいてから45分後、人体発光は自然に収まったといいます。夫もこの一部始終を見ていました。

さて、これはどう考えればいいのでしょう?洗ってもとれず、こすった手などに発光が移動した形跡もないことから、人体内に発光する物質があったと解釈していいかと思います。

こすったときに光の強さが増し、光る範囲が拡大したことから、もともと足首のあたりまで発光物質が潜んでいたことを示唆し、その発光は刺激を受けることによって起こるということも分かります。

人間が光るとすればルシフェリンではなく、フォトン発光 (バイオフォトン) の可能性がわずかながらあるのでは?と考える人もいるかもしれませんが、フォトン発光は微弱すぎて人間の目で捕らえることは通常出来ません。

光るだけでなく、煙まで出るようではルシフェリン、バイオフォトンでは説明がつきません。

~ 光る人間の製造 ~

さて、自然下では決して発光しない、つまり発光器を持っていない魚や豚にクラゲの発光細胞を移植して発光させる実験がすでに成功しています。(発光豚については こちら をどうぞ)

無信仰者の僕が言うのも何ですが、神をも恐れぬ禁断の実験に思われます。人間の医療に役立つ、などと研究者は言っており、実際に役立つであろうと、個人的にも理解は出来ます。

が、おもしろ半分に実験をしているんじゃないか?といった非難をおそれ「後付け」で発光実験の理由を人類の医療にこじつけている感じはぬぐいきれず、あまり賛成はできません。

やる気になれば、歴史に残る人体発光も夢ではないでしょう。そんなものの実験台になる人がいるはずがない、とふつうは思いますが、耳たぶを光らせる、「人体発光ピアス」みたいなものが今後絶対に流行らない、とも言い切れない、そんな妙な世の中です。

<この記事のURL> 
http://occultfan.blog39.fc2.com/blog-entry-23.html

トップページ

動く岩 (石) ~ デスバレー・ムービング・ロック

■動く岩 (石) ~ デスバレー・ムービング・ロック■
■Death Valley moving rock■



空から雨のように岩 (石) が降ってきたといった話や、自らの意志で空を飛ぶ岩の話があります。

降ってきた程度ならともかく、自らの「意志」で飛ぶなどという話は到底信じがたいものです。

が、這い回る岩があるとしたら?

カリフォルニアにはデス・バレー (Death Valley, 「死の谷」)と呼ばれる広大な国立公園内にはムービング・ロック (moving rock) と呼ばれる動き回る岩が有名です。

点在する大小の岩が、動いてきた軌跡を残し静かに鎮座しています。

確かに動いてきたような軌跡を残していますが、動いているところを目撃した人は誰もいません。



周りに障害物の少ない場所ですから風の強さも半端ではなく、雨で摩擦抵抗が減っているときにはそういった強烈な風邪により長い年月をかけて僅かずつ動かされている可能性が一番合理的な説明になりそうです。

見た目には分からない緩い勾配なども、岩が歩き続ける「助け」となっている可能性もあります。

しかし、小さな岩では合理的な説明となる、この雨と風の相互作用ですが、中には300~500キロと人間が押してもびくともしない岩も軌跡を残し動き続けています。

見た目にはほとんど勾配も感じられないこの場所を、そんな巨岩が雨と風だけで動くことが出来るのかというと、首をかしげたくなります。

<この記事のURL> 
http://occultfan.blog39.fc2.com/blog-entry-19.html

トップページ

ネズミの運命共同体 ~ ラットキング現象

■ラットキング現象■
■Rat king■



ラットキング (ネズミの王) という現象が古くから伝えられています。

そのほとんどはヨーロッパで確認されているこの現象、ネズミの尾が絡まり合い、ひとかたまりになって動くことを強要されたネズミの運命共同体です。

10匹以上の尾が絡まっていた大所帯も珍しくなく、おそらくは生まれながらにして尾が絡まっていたもの、つまりは兄弟姉妹であろうといわれています。

彼らは動くことが困難であり、狭い場所を通り抜けることも出来なければ壁をよじ登ることも不可能であり、つまり動きが鈍く限定されていることから長生きすることはほとんど不可能と考えられます。

ただし、運良く、生まれた場所に豊富なエサがあったとすれば成長することは可能でしょう。

さて、ラットキング現象、これは本当に自然現象でしょうか?

前述の通り、ラットキングの目撃はファンタジー好きのヨーロッパにほぼ限定、つまり、この「ラットキング」現象が有名な地でのみ目撃されていると言えます。

母親の胎内で尻尾が絡まるという説もありますが、結び目が取れないほど固く結ばれるとは非常に考えにくく、人為的なものでないとすれば、合理的な説明は未だ存在しません。

<この記事のURL>
http://occultfan.blog39.fc2.com/blog-entry-12.html

トップページ

| ホーム | 次ページ
Page Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。