スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--)
スポンサー広告

ネズミに占領される世界の村

■ネズミに占領される世界の村■
■Rats invade■



2008年12月、イラン北東にある、人口800人ほどのの小さな村がネズミに占領され、村民たちは村を追われたことが話題となりました。

いっぽう、インドでも村を追われるまでには至っていないものの、多くの地域の至る所にネズミがはびこっており、人間vsネズミの飽くなき戦いが繰り広げられています。

イラク、そしてインドでネズミが大発生しているといった話を聞いても、日本人にとってはまるで人ごと、「いまだにそんな地域があるんだ~、かわいそうに、、、」といった感じです。

他人事としか感じないネズミの大量発生、しかし実際の所、東京都内の、特に飲食店ひしめく高層ビル街にはクマネズミが無数に生息しています。

クマネズミは人間の残した食料 (食料)、冷暖房完備によって繁殖に適した気温を年間を通じて提供され、さらに天敵であるヘビやカラス、イタチなどもすべて人間が駆除してくれます。彼らに最高の環境を与えているのは人間に他なりません。

都内のクマネズミは、本来ネズミを簡単に殺せるはずの殺鼠剤 (さっそざい) もまったく効かない「進化」を見せるものも現れ、地方のクマネズミとは区別されスーパーラットなどと呼ばれたりしています。

ネズミは人間の住むところならどこにでも出没しますが、人間はネズミの相性は決して良いものではありません。

黒死病として知られるペスト、これも元はといえばクマネズミが媒介したもので、ヨーロッパの人口の1/3以上を死に至らしめました。

都内に住むスーパーラットが猛威をふるったとしたらどうなるでしょう?都民人口は1200万人、イランの村民800人が村を捨てるように逃げ出すことは出来ません。

そんな事態が東京で起こった場合、日本は壊滅的な打撃を被ることでしょう。もちろんそんなことが起きるわけもない、そう考えるのが「常識」なのですが、、、?

<この記事のURL> 
http://occultfan.blog39.fc2.com/blog-entry-27.html

トップページ
スポンサーサイト

ビクトリア湖に立ち上る黒い霧の正体は?■

■ビクトリア湖に広がる黒い霧の正体は?■
■Swarm of flies■



アフリカ大陸最大にして世界で2番目に大きな湖、ビクトリア湖、この海のように巨大な淡水湖にはナイルパーチという巨大な魚が生息しています。

実はこの魚、ビクトリア湖には元々生息していない魚で、ヨーロッパ人によって食用にこの湖に移植されたものです。

淡水魚とは思えないほど巨大に成長するナイルパーチは次々と在来種の魚たちを絶滅させ大きな問題となっています。

ナイルパーチの名を知らずとも、日本人であれば「白身魚のフライ」という商品名で販売されているものを食べたことのある人なら、知らず知らずのうちに胃の中に納めている可能性がとても大きい魚です。

さて、この果てしなく広がるビクトリア湖には黒い霧、もしくは黒い煙といったような不気味な影が広がる現象があります。



建物の上に広がっていれば、おそらく火事であろうと思われるほどの巨大な影、しかし、ここは水しか存在しない湖の上です。

巨大なものでは高さ数十メートルほどまで広がる不気味な影の正体、これは実は無数に寄り添ったユスリカたちが乱舞しているものです。

ユスリカの寿命は非常に短く、同じ日に一斉にサナギから孵ると、交尾のためにかれらは大集結します。

日本で見られるようなユスリカの蚊柱とは一線を画する驚異的な数によって形成される大蚊柱、アフリカという広大な大地に生息する生物たちの神秘のひとつといえます。

<この記事のURL> 
http://occultfan.blog39.fc2.com/blog-entry-26.html

トップページ

カナダ、ガスペ湾に出来た巨大サークル・アイス

■カナダ、ガスペ湾に出来た巨大サークル・アイス■
■Maasive ice circle in Gaspe Bay■



世界中から時折伝えられる円形に張られた氷、これはカナダのガスペ湾に出来たもの。

時計回りにゆっくりと回っているのが確認できます。

大きさが見ただけではよく分かりませんが、投稿者によると直径600メートル、一夜のうちに作られたとのことで、UFOの仕業に違いないと。そもそも本当にそんなに大きいのでしょうか?

<この記事のURL>
http://occultfan.blog39.fc2.com/blog-entry-10.html

トップページ

雲がまるで美女の目のように

■雲がまるで美女の目のように■
■Strange cloud phenomenon (eyes)■



曇天の空に美女の目が浮かび上がっています。

黒目や眉毛、さらに上まぶたの線が強く出ており睫毛もあるように見えます。ちょっと怪しげな天気ということもあり、空から見下ろす目は神秘的です。

<この記事のURL>
http://occultfan.blog39.fc2.com/blog-entry-9.html

トップページ

カナダ、エドモントンに墜ちた巨大隕石

■カナダ、エドモントンに墜ちた巨大隕石■
■Edmonton meteor■



警察のダッシュボードに搭載されたカメラで偶然撮影された巨大隕石のクラッシュ動画です。撮影地点から大分離れているにもかかわらず、かなりの大きさに見えます。

まるで映画のワンシーンのようですが、CGではなく、実際の映像です。

<この記事のURL>
http://occultfan.blog39.fc2.com/blog-entry-8.html

トップページ

| ホーム |
Page Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。