スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--)
スポンサー広告

異次元からの使者 ~ シャドー・ピープル (影人間)

■シャドー・ピープル (影人間)■
■Shadow people (shadow men)■



シャドー・ピープル (影人間) と呼ばれる現象が報告されています。

真っ黒な人間のような輪郭を持つため、一種のゴーストともいえますが、一般的なゴーストとシャドー・ピープルが区別されるのは、シャドー・ピープルが2D (平面) 的な存在と考えられているからです。

つまり、シャドー・ピープルは影の主を持たない、「影だけが存在」する現象といえます。

かれらは壁に映った人間の影のように壁を自由に動き回りますが、もちろん影の主は存在しません。「生きた影」なのです。

基本的には2D的な存在であり、それゆえ「影人間」と呼ばれていますが、スモーク状の影人間も確認されています。ただし、スモーク状のものも2Dのシャドー・ピープルと同一視するべきかどうかは疑問があります。



さて、このシャドー・ピープル、その輪郭は人間を彷彿させるものですが、大別すると「帽子をかぶったタイプ」と「頭から布きれをかぶったタイプ」の2つになります。

形がよく分からないタイプは「布きれタイプ」に含まれているようです。

それではシャドー・ピープルの正体はいったいなんなのでしょう?

シャドー・ピープルは動画でもいくつか撮影されていますが、目撃情報などによると「視界の片隅」に現れることが圧倒的に多く、気付いてそちらを振り向くと消えてしまうといいます。

また、目撃例の多くは「目撃者が一人」、つまり周りに人がいない場合に限られています。

「視界の片隅」というのは、目撃者からの主観的な表現であり、シャドー・ピープルが常に計算して現れることが不可能な地点であり、多くは「錯覚」と思われます。

しかし、少ないながら複数人数での目撃も存在し、その正体として「異次元からの侵入者」「幽体離脱した人の影」である、などなかなかユニークな説も存在します。

<この記事のURL>
http://occultfan.blog39.fc2.com/blog-entry-11.html

トップページ
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
by: * 2010/08/23 12:28 * [ 編集] | UP↑















管理者にだけ表示を許可する


| ホーム |
Page Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。