スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--)
スポンサー広告

月面を掘れば恐竜の化石が現れる

■月面には恐竜の骨が眠っている■
■Dinosaur fossils on the moon■



人類が月に降り立ったのは1969年のこと、現在では火星に無人探査機を送り込むことに成功し、人類が火星に降り立つのも時間の問題となってきました。

現在でも月にはUFO基地があると主張する人々がいますが、残念ながら月にも、そして火星にも宇宙人はおろか生物が棲んでいる痕跡を見つけるには至っていません。

さて、そんな月ではありますが、月を地中深くどんどん掘っていけば恐竜の骨 (化石) がわんさかと見つかると主張するのがロシアの古生物学者、ロズデスツェンスキー博士です。

月に恐竜が棲んでいたのか?そんなわけがありません。どういうことなのでしょう?

月の起源には諸説がありますが、その中でも現在有力視されているのがジャイアント・インパクト (Giant Impact) 説。


(ジャイアント・インパクトの動画)

天体が地球に衝突し、地球から飛散したその天体と地球の破片により月は形成されたとする説です。

ロズデスツェンスキー博士によれば、月が生成されたのは1億5000万年前、地質年代でいえば中生代のジュラ紀。

地球上で恐竜が跋扈 (ばっこ) していた時代であり、飛び散った地球からの破片に恐竜の骨も含まれているはず、月面を掘り進めていけば、その時代の恐竜の骨がおそろしくたくさん見つかるだろうと主張します。

「月に恐竜」まるでファンタジーのような取り合わせ、地球上で発見されていない生物たちも発見されるのでは、と夢は広がります。

しかしこの説、飛び散った地球上からの破片は粉々になっているのではないか?などという心配よりも、そもそも月の起源が今から僅か1億5000万年前ということに問題があり、彼の説はあくまでファンタジーの範疇を越えないようです。

<この記事のURL> 
http://occultfan.blog39.fc2.com/blog-entry-25.html

トップページ















管理者にだけ表示を許可する


| ホーム |
Page Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。