スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--)
スポンサー広告

バルバドスの動く棺桶

■バルバドスの動く棺桶■
■The moving coffins of Barbados■



カリブ海に浮かぶ小さな島、バルバドス、かつてこの島のサトウキビ栽培で一財産を築いた男がいます。

彼の名は、トマス (トーマス)・チェイス (Thomas Chase)、彼の成功は黒人奴隷の労働力なくしては築かれなかったといわれています。

彼の名を後世に残しているのはその業績ではありません。確かに、1代で富を築いた彼の手腕は目を見張るものだったかもしれませんが、所詮それはバルバドスという小さな島国の中だけの話です。

彼の名を後世に残しているのは、彼本人と彼の身内の棺桶が動いてしまう、という奇妙な現象のためです。

1807年、トマシーナ・ゴッダルド (Thomasina Goddard) 夫人の棺が安置されている地下納骨所の権利がトマス・チェイスの渡りました。

この地下納骨所に最初に安置されたチェイス家の人間は、わずか2歳でなくなったメアリ・アンナ・マリア・チェイス (Mary Anna Maria Chase)、1808年のことでした。

それから数年後の1812年7月、今度は彼女の姉に当たるドルカス・チェイス (Dorcas Chase) が後を追うように亡くなり、妹と同じ安置所に置かれました。

そしてそれからわずか1ヶ月後の8月、次にはいることになったのはトマス・チェイス本人でした。

トマス・チェイスの棺を地下安置所におろそうと、重い大理石造りの石蓋を開けると、最初に安置された子供たちの棺がひっくり返っていました。

この墓荒らしの仕業は黒人奴隷たちに違いないと噂されました。そう、トマス・チェイスの富は奴隷たちを酷使して得たものだったからです。

チェイスは奴隷たちに対し、日常的に無慈悲かつ残酷な振る舞いをしていたことは有名でした。

ドルカス・チェイスが亡くなったのも、トマス・チェイスによる虐待とか、父親の日頃の奴隷たちに対する無慈悲な行動を非難して絶食したことによる餓死だった、などと噂されるほどであり、トマス・チェイスはビジネスには優れていても決して聖人君主でなかったことは確かだったようです。

そしてその"イタズラ"は続きました。

トマス・チェイスが没して4年後、1816年10月、チェイス家の親戚、生後11ヶ月のサミュエル・ブリュースター (ブルースター)・エイムズ (Samuel Brewster Ames) が夭折、その1月後の11月にサミュエル・ブリュースター (Samuel Brewster) が黒人奴隷たちの反乱で命を落としました。

1819年7月にトマシーナ・クラーク夫人 (Thomasina Clarke) が亡くなりました。

その都度、地下納骨所に収められた棺桶はデタラメに移動していました。

当然、この小さな島で起きる怪奇現象が人々の間に広まらないはずがありません。カリブに浮かぶバルバドスは「チェイス家の動く棺桶」の話題で持ちきりになります。

地下へと続く通路は石蓋を開ける以外にありません。入念に地下室の壁を調査しても、どこにも「秘密の抜け穴」を見つけることは出来ませんでした。

トマス・チェイスの棺桶は8人がかりでやっと運べるほどの重いものであり、浸水などによって動いたとはとても考えられません。

地震説も唱えられましたが、こんな短期間にそれほど重い棺桶をその都度動かすほど頻繁に地震が起きるわけもありませんし、実際、そういった地震も報告されていません。

「誰か」がいたずらしたに違いありません。

この「いたずら」に歯止めをかけようと、納骨所の床には砂をまきました。誰かが入ったのであれば足跡が残るはずです。足跡の大きさから犯人を割り出せるかもしれません。

そして納骨所にはいるための石蓋にはモルタルで封をし、サインを残しました。地下納骨所につながる唯一の出入り口である石蓋、このモルタルを壊す以外出入りすることは不可能です。

トマシーナ・クラーク夫人が亡くなって数ヶ月後のこと、チェイス家に死者は出なかったものの、石蓋のモルタル、そして床にまき散らした砂の効果があったか確かめようとという提案が出ました。

チェイス家を決して心配してのことではないでしょう、島民たちの「チェイス家の動く棺桶」に対する好奇心が抑えきれなくなってなっていたのです。

石蓋のモルタルにはなんの異変も感じられませんでした。サインもそのまま残っています。

地下に降りていくと、床にまかれた砂には足跡ひとつ残っていませんでした。

しかし、整然と並んでいるべき6つの棺桶は今まで通り、すべてでたらめに移動されていました。

<この記事のURL> 
http://occultfan.blog39.fc2.com/blog-entry-30.html

トップページ
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
by: * 2009/08/03 10:26 * [ 編集] | UP↑
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
by: * 2009/08/04 07:43 * [ 編集] | UP↑
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
by: * 2010/02/08 06:41 * [ 編集] | UP↑
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
by: * 2010/08/26 11:10 * [ 編集] | UP↑
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
by: * 2012/04/20 01:27 * [ 編集] | UP↑
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
by: * 2012/04/23 19:09 * [ 編集] | UP↑
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
by: * 2012/11/06 11:54 * [ 編集] | UP↑
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
by: * 2013/02/07 19:16 * [ 編集] | UP↑
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
by: * 2013/10/26 16:53 * [ 編集] | UP↑
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
by: * 2014/07/10 15:42 * [ 編集] | UP↑
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
by: * 2014/07/28 16:57 * [ 編集] | UP↑
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
by: * 2014/08/19 02:33 * [ 編集] | UP↑
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
by: * 2014/08/23 19:48 * [ 編集] | UP↑
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
by: * 2014/08/29 03:59 * [ 編集] | UP↑















管理者にだけ表示を許可する


| ホーム |
Page Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。